東京都千代田区神田司町
2-15-4 第二進盛ビル6階
03-5259-9080


国土交通省広告・通達
(昭和45年10月23日建設省告示第1552号.平成元年2月17日及び平成9年1月17日一部改正)

第1 売買又は交換の媒介に関する報酬の額
告示
 宅地建物取引業者が宅地又は建物(建物の一部を含む。 以下同じ)の売買又は交換の媒介に関して
依頼者から受けることのできる報酬の額は、依頼者の一方につき、 それぞれ、当該売買に係る代金の額
(当該売買に係る課税資産の譲渡などにつき課税されるべき消費税に相当する額を含まないものとする。)
又は当該交換に係る宅地若しくは建物の価格(当該交換に係る課税資産の譲渡などにつき課税されるべき消費税に相当する額を含まないものとし、当該交換に係る宅地又は建物の価格に差があるときは、
これらの価格のうちいずれか多い価格とする)を次の表の上覧に掲げる金額に区分して それぞれの金額に同表の下覧に掲げる割合を乗じて得た金額を合計した金額以内とする。

200万円以下の金額 100分の5
200万円を超え400万円以下の金額 100分の4
400万円を超える金額 100分の3

第2 売買又は交換の代理に関する報酬の額
告示
 宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買又は交換の代理に関して依頼者から受けることのできる報酬の額は、第1の計算方法により算出した金額の二倍以内とする。ただし、宅地建物取引業者が当該売買
又は交換の相手から報酬を受ける場合においては、その報酬の額と代理の依頼者から受ける報酬の額の合計額が第1の計算方法により算出した金額の二倍を超えてはならない。