東京都中央区勝どき
2-18-1 黎明スカイレジテル1334
03-5534-9160


一般仲介の問題点 - なぜ高く売れないのか、なぜトラブルが絶えないのか

  • 買取候補が最初から決まっていて、予算も決まっているため、
    売主は買取価格に合わせるよう(安く売却するよう)不動産業者から働きかけられる。

  • このため、売った後も適正価格で売却ができたのかどうか疑問に思ってしまう。

  • 仲介者は自分さえ儲かればいいという発想で、早く商売を終わらせることだけ考え、
    高く買い取ってくれる買主探しをまじめに行わず、 売主に利益を還元しようという努力をしない。

  • 物件を商品化しないまま、(現状優姿のまま)売りに出すので整備費用以上に
    買主に買いたたかれてしまう。

    *一般の仲介業者は物件はちゃんと整備して売りに出さないと高く売れないことを知っていながら、 商売をはやく完結したいがために、整備もせず売りに出します。 この価格減少分が売主に転嫁されているのが実情です。

  • 不動産業界の体質として、売主が複数社に仲介を依頼してしまうと、物件情報が 業界に知れ渡り、誰かが金額を出した後、少しだけ高い金額を提示し商売を まとめようという傾向があります。不動産業界はこうした閉鎖的な市場のため、 複数社に声をかけるとかえって売却金額が頭打ちになってしまうのです。

    → “トータルマネージメントをお勧めする理由”を参照ください。


トータルマネジメントをお勧めする理由

  • 直接買主に売り込むため、取引関係が明快です。
  • 売主の満足を得るため、数多くの買主を捜し出し、売主の選択肢を多数用意致します。
  • 特定の企業グループ(不動産取引グループ)に属していないため、
    土地売買に関する貸し借り(結局は売主に転嫁されます)がなく、適正価格で買主に 売り込むことができます。
  • 土地取引に関して法定費用以上の費用はいただきません。
    コンサルティング料や広告宣伝費と称して法外な金額を請求する業者とは 一線を画しています。安心してご相談ください。